「末梢性疲労とは」

「末梢性疲労」とは、脳以外の部分、主には筋肉などの機能が一時的に低下している状態です。

筋肉などの疲労によってパフォーマンスが落ちてしまう理由にはいくつかありますが、一番わかりやすいところでいえば「燃料切れ」です。

エネルギー源が枯渇してしまうことで疲労が起こります。

筋肉を収縮させる直接のエネルギー源であるATP(アデノシン3リン酸)は、もともと細胞内に貯蔵できる量が限られています。

そのエネルギーが枯渇しないように、クレアチンリン酸などの別のエネルギー源を使って、瞬時にATPを再合成して筋肉の収縮を続けようとしますが、それらの貯蔵量にも限りがあるので筋収縮を無限に続けることはできません。

しかし私たちは、食物としてそれらとは別のエネルギー源を供給することができます。

そのためには、食事で摂取した栄養を、身体に取り込んだ空気中の酸素を使って燃やす必要があります。

そのエネルギーの生成に必要な酸素は、血液中のヘモグロビンによって運搬されます。

したがって、酸素を上手く身体に取り込めない状態であったり、空気が薄くて十分な酸素が得られない環境であったり、力強い筋肉自体の収縮によって血流が阻害されて酸素が行き届かなかったりすると、エネルギーがうまくつくり出せないので、パフォーマンスは低下してしまいます。

また、運動のためのエネルギーを取り出す際、細胞内では化学反応が引き起こされ、その結果生じた代謝産物が疲労を引き起こすこともあります。

代謝産物が生成されることで、筋肉の細胞内ではさまざまなイオンのバランスが崩されてしまいます。

それによって筋肉の環境変化が起こり、筋肉が収縮する働きが阻害されてしまいます。

その他、運動時に生じた熱は体温を上昇させますが、著しい体温の上昇は細胞の働きを低下させてしまいます。

車でいえば、オーバーヒートの状態です。

もう1つは、神経-筋接合部で起こる疲労もあります。

筋肉の細胞内で起きたことが疲労の原因となるだけでなく、「収縮しなさい!」という脳からの命令が筋肉にうまく伝わらなくなることも、疲労の原因の1つだと考えられます。

関連記事

  1. 「疲れにくい身体をつくる」

  2. 頭位・噛み合わせと姿勢

  3. 上腕二頭筋

  4. アスリートにもよくみられる仙腸関節痛|PPL 障害予防

  5. 目と日焼け

  6. TUE申請