ヒップ・レッグリフト

不安定な体勢をとりながら、背中や臀部、ハムストリングスを同時に強化できます。

投球動作の安定や、守備の走塁における一歩目の動き向上やぶれない軸を作るのに効果的なトレーニングです。

①両膝を立てた状態で仰向けに寝ます。背中・腰が床から離れないようにお腹で床をつぶします(ドローイン)

IMG_3066

②3秒かけて骨盤を上げると同時に膝をおへその高さに上げます。

このときお尻の穴をしっかりとしめ、腰を反らないようにお腹に力を入れます。

IMG_3067

③お尻の穴をしめたまま片脚をあげ、股関節、膝、足首を90度にキープします。

IMG_3069

その後3秒かけてスタートの体勢に戻ります(片脚10回以上)。

この動きを繰り返しましょう。

~ポイント~

・腹部の筋肉で骨盤が傾かないようにしましょう。

・脚の重さに負けないように下肢、体幹部を安定させて行いましょう。

・肩から膝をまっすぐにキープしましょう。

関連記事

  1. 自重トレーニングとフリーウエイト

  2. レッグソラスト

  3. 投げる動作を効率的に行える肩甲骨周りの筋肉の強化法

  4. プレスダウン

  5. サイドレイズ

  6. 「スロートレーニングのメリット・デメリット」