制球力に影響を与える関節間の協調性

実際の身体運動では全く変動をなくすことは不可能ですが、熟練者たちは非常に精緻な動きを達成することができます。

近年の運動制御研究では、熟練した動作では各関節で生じる変動をお互いに補完し合うような関節運動間の協調性によって、安定して正確な運動を遂行していることが報告されています。

近年の運動制御研究では、熟練した動作では各関節で生じる変動をお互いに補完し合うような関節運動間の協調性によって、安定して正確な運動を遂行していることが報告されています。

本研究では、このような相互補完的協調性が投球動作にもみられるかどうかを検証しました。光学式動作解析システムより得られたデータから、リリース直後のボールの水平面角度と、リリース直前の手関節または第三中骨骨頭の移動軌跡の水平面角度が高い相関を示した被験者に対して、ランダマイズ法を順運動学解析に適応しました。すなわち、順運動学計算を実施する際、実際に行われた試技の中から各関節運動をランダムに抽出することによって、擬似シュミレーション動作を生成しました。実際の結果と擬似シュミレーション動作の結果を比較することで、相関的協調動作の有無を検討しました。

結果は、ランダム抽出後の変動が実際の変動よりも数倍大きく、制球の向上に身体各部の相補的協調動作が重要な役割を果たしていることが明らかとなりました。

たしかに、腕や肩などのパーツパーツをうまくコントロールできなければ、ボールなんてうまく制御できないですよね。
トレーニングを考える際にも、「協調運動」を行うことで各関節の制御能力を向上させることはコントロールUPに繋がるということを示唆しているのかもしれないですね

関連記事

  1. 体格と打球速度の関係性

  2. 姿勢と運動

  3. 0.25秒を操る

  4. トミー・ジョン手術について

  5. 野球選手における身体特性

  6. 大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)