投球障害とそのメカニズム

投球動作はとても複雑な運動で、投球動作を解析するためには投球動作をいくつかの期間に分類する必要があります。
ある文献では、以下の5つの期間に分類されます。
①ワインドアップ期
予備動作から投球腕側の手がグラブから離れるまで
②前期コッキング期
グラブから離れてから前足の着地まで、多くの場合はこの時点で最大外転位置であるトップポジションをとります。
③後期コッキング期
グラブから前足が着地してから肩関節最大外旋まで
④加速期
肩関節最大外旋からボールリリース
⑤フォロースルー期
巻き込み動作の終了

SLAP損傷とは、上方肩関節唇損傷ともいい上腕頭腱付着位置部が剥離あるいは断裂する障害です。
長期間の治療が必要になるため、野球選手にとっては重大な投球障害です。
投球障害を発生する原因としては、不適切投球フォームでの投球や、過度の投球、筋力の低下、関節可動域の制限、ウォーミングアップ不足などが挙げられます。
特に過度な投球や不適切な投球動作が主な原因と言われています。
不適切な投球フォームとは、一般に“肘下がり”と呼ばれ、後期コッキング期から加速期にかけて肩関節外転角度が減少した投球フォームのことです。
投球動作は、後期コッキング期から加速期にかけての最大外旋位付近のフェーズにおいて、肩関節や肘関節へのストレスが増大します。
そのためこの後期コッキング期から加速期にかけてのフェーズで投球障害が多く発生します。
SLAP損傷では、後期コッキング期から加速期にかけて水平外転動作の際に肩関節への剪断力が増加することで、肩関節唇へのダメージが蓄積されることで関節唇剥離などの症状が生じます。
投球動作は一回の運動が完結する循環運動に分類される動作です。
そのため、前のフェーズの動作が次のフェーズの動作に影響を与えるため、一つの投球フォームの変化が投球動作全体に影響を与えます。

つまり前期コッキング期での肩関節外転動作の変化が次の後期コッキング期、加速期での”肘下がり”に繋がります。

関連記事

  1. 大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)

  2. 投球動作におけるトップポジション肢位と水平過伸展に関する考察

  3. 実際の投球練習とシャドーピッチングの障害予防からみる違い

  4. レジスタンストレーニングによる障害予防

  5. 大腿筋膜張筋スティフネスに及ぼす股関節の他動的運動の影響

  6. 野球選手における身体特性