SERVICE

「感覚に頼るのではなく、科学と直感力(感覚)の融合を。」

 科学と感覚の融合を。

PPLのサービスのコンセプトは感覚的な要素をいかに可視化するか、感覚的な部分をいかにわかりやすくフィードバックして、サービスを提供するかを大事にしております。もちろんスポーツにおける感覚的な動き方はとても重要ですが、それは一個人の感覚であって「万人受け」するものではないはずです。それくらい感覚的要素の指導って難しいもの。だからこそ、できる限り動きやそれに基づくパフォーマンスの可視化によるフィードバックを行っていくか、またそこからトレーニングの質の改善が目指していくのかが重要ではないかと思います。現状、科学的な視点では「理解できない」ものって多いのが本音。いかにテクノロジーが進んだといっても、ヒトの動きや感覚を理解するのって難しいものです。ですが、スポーツ医科学的基礎ベースの上だからこそ、感覚的要素がもっと花開くのではないかとも考えています。「感覚に頼るのではなく、科学と直感力(感覚)の融合を。」我々はこのコンセプトをアスリートサポートに落とし込んで実践していきます。